知花敏彦公式ホームページ

宇宙科学

POWERS OF TEN


IBM出資で作られた教育用資料
(覚者方のインスピレーションによる)





『パワーズ オブ テン』

これはミクロの世界の説明をしています。
実際にあるのは原子と電子、その塊を人間と言っています。

宇宙真理を知る人には、『全てが一なる原子と電子』であることが解ります。

『全てのものは原子と電子で出来ている』
『見えるものは原子と電子の塊』です。

我々は今までマクロ=形の世界が本物だと思ってきました。
本当にあるのはミクロ=原子と電子の世界です。

例) 腕 
原子顕微鏡で見ると原子と電子。その塊を『腕』と言っている。
腕は実在ではなく、実際にあるのは原子と電子。

例) 地球
形は地球だが、その中身は原子と電子の塊。

これが大宇宙の本源本質です。全ては原子と電子の現れ、それ以外には何もありません。

『パワーズ オブ テン』の中では、人間の中に入って行くと小さい原子と電子の世界です。

逆に拡大して行くと、人間から地球へと、太陽系→銀河系→島宇宙へと無限の拡がりを示します。

どこまで行っても原子と電子以外にはありません。そこに区切りはありません。同じものです。

原子と電子がミクロの次元に=より精妙になりますと、
『空』 『天』 『霊と水』という次元にまで行きます。

そこまで行くと、一つ目になり境目はありません。大いなる一つがあるだけです。

それを創り主、『神』と呼んでいます。
『神』とは特別な存在や神秘ではなく、元々あるもの『原因』『原点』です。

『原因』があるということは必ず『結果』があります。
その『結果』は創られたもの、『被造物』です。

原因と結果は一体、同じものです。
全てが一つということです。



A49 全て神 1993.12.25




14:00 宇宙は原子と電子





33:10 原子顕微鏡メガネ


A61 大宇宙と小宇宙 1993.11.29




22:20 全て原子と電子


   

A77 ミクロとマクロについて 1993.04.10




15:45 宇宙科学=原子と電子



A96 視野の拡大について 1993.03.19




14:40 正しく見る



A187 生命は普遍我 肉体は小我 何ぜ 1992.02.11




49:16 大海原・意識の拡大



A245 進化論について 1991.07.26




9:16 アメーバ説と移住説


※Powers Of Ten補足


宇宙には『原子と電子」が満ち満ちています。

その『原子と電子』が集まって固まったものを、『物質』と名づけています。

形をとっていても、いなくても、『原子と電子』です。



宇宙には『原子と電子』が遍満しています。

形をとった『原子と電子』を物質、形をとらないものを非物質と呼んでいます。

どちらも同じものです。

一つのものが、形をとったり(物質化)、形をとらなくなっても(非物質化)、
依然として同じものであることに変わりありません。

例)紙粘土で作った物と、紙粘土は同じ。



まず始めに、『宇宙には原子と電子』が満ち満ちています。

それが『遍満の原子と電子』です。

その『原子と電子』が段々と寄り集まっていき、より粗い「原子と電子」になっていきます。

それが目に見える次元にまで来た時、我々が原子顕微鏡で見ている「原子と電子」になります。

それが宇宙の本質です。

それ以外には何もありません。

不可視の宇宙空間が、可視の宇宙空間を造って現しているだけです。

それ以外には何もありません。

その大宇宙の中に我々もいるわけですから、吾の本質もまた『原子と電子』です。

見える私も、見えない私も
同じ『同一の原子と電子』です。

これを一元論と言います。

『原子と電子』はなくなりません。死にません。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP